NIPT検査の費用から条件まで抑えるべき3つのポイント

「出生前診断」という言葉、気になっている方は多いと思います。

妊娠がわかって病院に通いながら、「うちの子は元気なのかな?」「無事健康に生まれてくるんだろうか」と不安になる、それは誰しもあることです。

「出生前診断を受けたら安心できるのかな?」

「でも、出生前診断で何がわかるの?」

出生前診断という言葉は有名でも、その内容まではあまり知られていません。実は、出生前診断にはいくつか種類があります。ここでは、リスクが少なく、陽性判定の精度が高い「NIPT」(新型出生前診断)について詳しくお話しします。

  • これから妊娠を望んでいる方
  • 現在妊娠中でNIPTを検討されている方
  • ご家族やご友人にNIPTをオススメしたい方
  • NIPTの費用や診断を受けられる病院をお探しの方

病院を選ぶ際の3つのポイントも後ほど紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

「NIPT」(新型出生前診断)を受けると何がわかる? メリットは?

先ほどお話しした通り、出生前診断にはいくつか種類があります。

非確定検査

  • コンバインド検査
  • 母体血清マーカー検査
  • NIPT(新型出生前診断)

非確定検査は、超音波(エコー)や採血のみで判定を出すため、流産等のリスクがありません。ただし、非確定という名前の通り、もし陽性だったら確定検査を行う必要があります。

この中で、NIPTは新型というだけあって、他の検査より精度が高く、結果が早く出るとされています。また妊娠10週~という、早い段階での検査が可能です。

確定検査

  • 絨毛検査
  • 羊水検査

非確定検査で陽性が出た場合は、確定検査に進みます。流産、死産のリスクがあるため、検査は慎重に行いましょう。

では、改めて「NIPT」について詳しく説明していきますね。

「NIPT」(新型出生前診断)とは?

NIPT検査 遺伝子

NIPTは妊婦さんの血液を採取し、胎児の染色体異常を調べる検査です。

妊娠中の母胎の胎盤からは、セルフリーDNAというものが漏れ出して、妊婦さんの血液の中に混ざっています。そのため、妊婦さんの血液中には赤ちゃん由来のセルフリーDNAと、お母さん由来のDNAの両方が含まれています。

NIPT検査では、血液の中から赤ちゃん由来の方のセルフリーDNAを取り出し、そこから遺伝子配列を解読します。つまり、赤ちゃんに染色体異常があるかどうかを、出産前に知ることができます。

出産前に赤ちゃんの状態を知っておくことで、出産までの道のりを考えることができるはずです。

その他にも、性別に影響を与える性染色体検査、全染色体検査、微小欠失検査まで行えるので、出生前にどのような染色体異常の疾患がありうるのか細かく知ることができるのがNIPTです。

また、この検査は少量の血液しか必要としないので、妊婦さんの負担が少なく、感染症や流産のリスクがないのが最大の特徴です。他にも血液でわかる出生前診断はありますが、非常に精度が高いこと、妊娠早期でも検査できることを考えると、NIPTは特にオススメの検査だと言えるでしょう。

「NIPTを受けたい!」病院の選び方は?

NIPT検査 遺伝子

NIPTを受けると決めたとき、認可医院と無認可医院、どちらにするかをまず決めなければなりません。

「えっ、認可の方がいいんじゃないの?」

と思ってしまいがちですが、それぞれメリット・デメリットがありますので、まずはそちらを紹介します。

認可医院

  • 日本医学会・日本産科婦人科学会の認定施設
  • 35歳以上の高齢出産女性が対象
  • 多くの施設で紹介状が必要
  • 採血までの日数は、即日~数回外来にかかる必要がある場合も
  • 検査項目は13.18.21トリソミー

無認可医院

  • 年齢制限なし
  • 医師からの紹介状は不要
  • 来院は1回のみ、当日検査も可能
  • 検査項目は13.18.21トリソミー+全染色体検査+微小欠失検査+性染色体検査+性別判定

ちょっとわかりにくいですが、簡単に言うと、認可医院でNIPTを受けるには、厳しい条件をクリアしなければならないということです。基本的に、認可医院は高齢出産の女性(染色体異常のリスクが高い女性)を対象としています。

でも、34歳以下の妊婦さんだって不安ですよね。どんな年齢でも、染色体異常がゼロというわけではないからです。でも、年齢制限があるので「調べたい」と思っても検査をすることができません。

35歳以上の方でも「紹介状なしですぐ調べたい」「折角調べるのなら、もっと検査項目を増やしたい」「通院回数を減らしたい」という方もいらっしゃるはずです。

その点無認可医院は、誰でもかかることができる病院なので、心身への負担は少なくなっています。無認可、という響きはちょっとネガティブに聞こえてしまいますが、現在54の無認可医院でNIPTが実施されており、多くの妊婦さんが診断を受けています。

ちなみに、認可医院は100か所ほどあります。認可医院があっても、無認可医院がこれだけあるということで、あえて無認可医院でのNIPT検査を選ぶ人が多いということが窺えますね。

病院を選ぶ上で押さえるべき3つのポイントは?

NIPT検査 おすすめ病院

認可医院を選ぶ方は、紹介状が必要ですので、かかりつけの産婦人科にご相談していただく形になります。
けれど、無認可医院は自分で自由に選べます。ここでは、無認可医院を選ぶときのポイントを3つ、紹介していきますね。

費用はトータルで考える

無認可医院でのNIPTの費用はおよそ19万円代と言われています。
そして、検査結果が陽性だった場合は、染色体異常が疑われます。その後は、診断を確定させるため、羊水検査等の費用が追加で発生する可能性があります。

検査方法の開示はあるか

どんな検査機関で検査しているか、信頼できる診断なのか、ということはとても大事です。NIPTは元々アメリカで生まれた診断で、アメリカのベリファイ社などが有名です。他にもドイツのライフコデックス社など、実績のある検査機関があります。
また、近年では「VeriSeqNIPT Solution V2」という手法を使って国内で検査もできるようになり、高い検査精度(陽性的中率)を誇っているようです。事前に検査方法を教えてくれる病院、かつ信用できる検査機関に依頼している病院を選びましょう。

認定遺伝カウンセラーが在籍しているか

NIPT検査をするのは非常に大きな選択です。
妊婦さん自身と周りのご家族の心理的負担も大きいと思います。

「もし陽性だったらどうすればいいの…?」

もちろん悩んでしまいますよね。単に検査するだけではなく、妊婦さん、ご家族の心理的なフォローやケアが必須となってきますので、専門カウンセラーがいる病院をぜひ選んでいただきたいと思います。

あなたにオススメの病院は?

「病院選びの3つの条件はわかったけれど、結局どこがいいの?」

「病院の名前を具体的に知りたい」

そう思われますよね。NIPT検査を受けると決めた場合は、早い方がもちろんいいはずです。
そのため、上記のポイントを満たし、かつ全国の妊婦さんに利用していただきやすいオススメの病院をご紹介します。

それが『NIPT平石クリニック』です。

NIPT検査 NIPT平石クリニック

https://nipt.fun/contact/より引用

NIPT平石クリニックの特徴

  • 認定遺伝カウンセラー在籍
  • 信頼できるVeriSeqNIPT Solution V2の国内検査もしくは米・ベリファイ社にて検査を実施
  • 検査項目が多くより安心できる(トリソミー、性染色体、全染色体、微小欠失検査まで)
  • 2020年1〜7月期で顧客満足度97%高い実績を獲得
  • 土日祝OK
  • インターネットで予約できる

急いで診断したい方、不安を抱えている方、身体の負担をなるべく減らしたい方など、妊婦さんの色々な事情を考えてくれるクリニックです。

検査するかどうかすぐには決められない、という方も、いつでも、いますぐにでもインターネット予約できるクリニックを知っておくと、「いつでも受けられるんだ」と安心して悩むことができますね。

NIPT平石クリニックのサイトへ

NIPT平石クリニックの評判も気になると思いますので、一部口コミを抜粋しておきます。

  • 2人目を授かる事になったのですが1人目の時にずっと不安で精神衛生上良くなかったので、今回はきちんと検査してもらおうと思い平石クリニックさんにお願いする事にしました。
    検査と言っても採血のみだったので流産のリスクも少なく安心して受ける事ができました。

    Googleより引用

  • 採血前に院長の平石先生がなんと問診してくれたんです(﹡´◡`﹡ )
    行ったらすぐ採血して終わりなのかなーと思っていたので、問診でいろいろと話を聞いてくれてすごく安心できました
    採血もちゃんと看護師の方がやってくれました
    ここにしてよかったなって思いました

    アメブロより引用: https://ameblo.jp/xxxtonyaxxx/entry-12567711716.html

  • 高齢で子供を授かる事になり色々悩んでいたのでNIPTの検査を受けることにしましたが不安も解消しスッキリしました。
    先生と看護師さんが丁寧で、涙が出そうになりました。
    初めての人でもわかりやすい言葉で説明してくださるので安心してお任せする事ができました。

    Googleより引用

  • NIPTを受けたかったのですが、平日は仕事があり時間をとれなかったので土日でも検査を受けれたのがすごく助かりました。
    受付の方も先生も感じがよくこちらを選んでよかったです。

    Googleより引用

  • 検査で「陽性」だった場合に、平石クリニックでは「羊水検査」の費用負担をしてくれたり、検査できる病院の紹介もしてもらえます。この点はとても良かったと思っています。

    口コミサイトより引用: https://peraichi.com/landing_pages/view/nipt-hiraishi

NIPT検査 NIPT平石クリニック

NIPT検査は、不安を伴うと思います。さらに言えば、検査を受けるかどうかが人生の分かれ道になるかもしれません。

費用面、精神面、身体の健康まで考えて、納得、満足できるNIPT検査を受けたい方は、慎重に病院を選びましょう。また、候補の一つとしてNIPT平石クリニックがあることを知っておいてほしいです。

ご出産まで安心して妊娠ライフを送るためのNIPT検査、ぜひ検討してみてくださいね。